おお、荒ぶる風が
うなったからではない


第4幕より「農民たちの合唱」

歌劇『イーゴリ公』第4幕で村を焼かれ難民となった農民たちが村を捨てる道すがら歌う哀歌。
ヤロスラーヴナのアリアの直後に歌われます。
素朴なメロディーが印象的な戦火に疲弊した人々の合唱は、しばしば反戦的なメッセージをこめた演出が施されています。


歌劇『イーゴリ公』対訳歌詞


ロシア語歌詞


Поселяне

Ох, не буйный ветер завывал,
オーフ、 ニェ ブーヌィイ ヴィェーチェル ザヴゥィヴァール、
горе навевал, навевал.
ゴーリェ ナヴィヴァール、 ナヴィヴァール.
Хан Гзак нас повоевал.
ハーン グザーク ナース パヴァイヴァール.
Что не чёрен ворон налетал.
トー ニェ チョーリェン ヴァローン ナリタール.
Беды накликал, накликал,
ビィェードゥィ リーカル、 リーカル、
хан Гзак на нас понабегал.
ハーン グザーク ナナース パナビェーガル.
Что не серый волк позабегал,
トー ニェ シェールィイ ヴォールク パザビェーガル、
стадо зарезал, зарезал,
スターダ ザリェーザル、 ザリェーザル、
хан Гзак сёла поразорял.
ハーン グザーク ショーラ パラザリャール.



日本語対訳(私訳)


農民たち

おお、不幸がやって来たのは、
荒ぶる風がうなったからではない、
うなったからではない。
ハーン・グザークが私たちを征服したのだ。
わざわいを招いたのは、
不吉なからすが舞い降りたからではない、
舞い降りたからではない。
ハーン・グザークが私たちを襲って来たのだ。
家畜どもが殺されたのは、
灰色狼に襲われたからではない、
襲われたからではない。
ハーン・グザークが村々を荒らしたのだ。



補足


「ハーン・グザークが…」

グザークは、コンチャークと並ぶ、ポーロヴェツの有力なハーン(カーン、汗)。
『イーゴリ遠征物語』や『年代記』ではグザーの名で現れます。
イーゴリ公の遠征軍を破った後、イーゴリ公らの勢力圏であるセイム河流域の都市や農村を略奪しました。
また、歌劇でも史実でも、逃げそびれたイーゴリの息子ヴラヂーミルの延命に反対した現実主義的な人物でもあります。
歌劇の中では、歌のない役として登場します。



ロシア語のカタカナ表記について

ロシア語は日本語では使わない音がたくさんある言葉です。
正確にロシア語を日本語のカナで表現することはできませんが、なるべくロシア語に近い表記を試みてみました。
「こういう風に聴こえないこともない」程度の近さだと思ってください。
なお、ロシア語の単語の区切りと、ここで挙げたカタカナの区切りとは一致しません。
下線がついているカタカナは母音の部分で、基本的には、母音一つと音符一つが対応します。
下線がついていないカタカナは子音や二重母音の一部、半母音なので、聴く場合には、いっそのこと無視してしまっても構いません。
これから演奏会などでロシア語でこの歌を歌う皆さんには、一度、ロシア語の発音を習うことをお勧めします。


著作権について

このサイトでは、ボロディンの作詞による歌劇『イーゴリ公』の歌詞(ロシア語)の一部、 及び、『イーゴリ公』のソフトのジャケット類と関連する書籍の表紙の画像、 そしてビリービンによる『イーゴリ公』関連のイラストレーションの画像を掲載しています。
以上のロシア語歌詞、画像の掲載に何らかの著作権上の問題がありましたら、ただちに掲載を取りやめます。
また、掲載している『イーゴリ公』の日本語訳は管理人Vindobonaによるものです。(2006/03/15)


このサイトの内容の転載はお断りします。
ご意見、ご感想、リンク報告は管理人Vindobonaまでメールにてお寄せください。
歌劇『イーゴリ公』の世界
Copyright(C)2006-2017 Vindobona. All rights reserved.