調子はどうだ、公よ


第2幕より「コンチャークのアリア」

歌劇『イーゴリ公』第2幕でポーロヴェツ人(だったん人)の長、 コンチャークが歌うアリア。
「イーゴリ公のアリア」の後1曲おいて「ポーロヴェツ人の踊りと合唱」の直前に入る場面で、 コンチャークとイーゴリ公の対話になっています。
コンチャークはイーゴリ公とは旧知であり、イーゴリ公の武人としての心意気を大いに買っています。
このたびの戦いでも、虜囚となったイーゴリ公らの身柄を保護し、また異例の厚遇をしています。
この場面では、コンチャークはルーシ(ロシヤ)を裏切って同盟を結ぶよう、言葉を尽くしてイーゴリ公を説得します。


歌劇『イーゴリ公』対訳歌詞


ロシア語歌詞


Кончак

Здоров ли, князь?
タローヴ 、クニャーシ?
Что приуныл ты, гость мой?
トー プリウヌィール トゥィー ゴーシチ モーイ?
Что ты так призадумался?
トー トゥィー ターク プリザドゥーマシャ
Аль сети порвались?
アーリ シェーチ ヴァーリシ?
Аль ястребы незлы,
アーリ ヤーストリェブィ ルィー
и с лёту птицу не взбивают?
 シリョートゥ プチーツ ニェ ヴジビヴァーユト?
Возьми моих!
ヴァミー マイーフ!


Князь Игорь

И сеть крепка,
 シェーチ クリェー
и ястребы надёжны,
 ヤーストリェブィ ナヂョ−ヌィ
да соколу в неволе не живётся.
ダソーカル ヴニヴォーリェ ニェ ジヴョーッツァ

Кончак

Все пленником себя ты здесь считаешь?
ショー プリェーニカム シビャー トゥィー ジヂェーシ シシターイェシ?
Но разве ты живёшь, как пленник,
ノー ラーヴィェ トゥィー ジヴョーシ、カーク プリェーク、
а не гость мой?
 ニェ ゴーシチ モーイ?
Ты ранен в битве при Каяле,
トゥィー ラーニェン ヴビーヴィェ プリカヤーリェ
И взят с дружиной в плен;
 ヴジャート ズドルージナイ フプリェーン;
Мне отдан на поруки,
ニェ オーン ナパルーキ
а у меня ты гость.
 ウミニャー トゥィー ゴーシチ.
Тебе почёт у нас, как хану,
チビェー パチョートゥナース、カーク ハーヌ
всё моё к твоим услугам.
ショー マヨー クトヴァイームルーガム.
Сын с тобой, дружина тоже,
スィーン スタボーイ、ドルジーナ トージェ
ты как хан здесь живёшь,
トゥィー カーク ハーン ジヂェーシ ジヴョーシ、
живёшь ты так, как я.
ジヴョーシ トゥィー ターク、カーク ヤー
Сознайся: разве пленники так живут?
サズナーシャラーヴィェ プリェーニキ ターグ ジヴート?
Так ли?
ターク 

О нет, нет, друг, нет, князь,
オー ニェート、ニェート、ドルーク、ニェート、クニャーシ、
ты здесь не пренник мой,
トゥィー ジヂェーシ ニェ プリェーク モーイ、
ты ведь гость у меня дорогой!
トゥィー ヴィェーヂ ゴーシチ ウミニャー ダラゴーイ!
Знай, друг, верь мне,
ナーイ、ドルーク、ヴィェーリ ムニェ
ты, князь, мне полюбился,
トゥィー、クニャーシ、ムニェ パリュービシャ
За отвагу твою, да за удаль в бою.
ザトヴァーグ トヴァユーダー ザウーダリ ヴバユー
Я уважаю тебя, князь,
ヤー ウヴァジャーユ チビャー、クニャーシ、
ты люб мне был всегда, знай.
トゥィー リュープ ムニェ ブィール フダー、ズナーイ.
Да, я не враг тебе здесь,
ダーヤー ニェ ヴラーク チビェー ジヂェーシ、
а хозяин я твой,
 ハジャーイン ヤー トヴォーイ、
ты мне гость дорогой.
トゥィー ムニェ ゴーシチ ダラゴーイ.
Так поведай же мне,
ターク パヴィダーイ ジェ ムニェ
чем же худо тебе,
チェーム ジェ フーダ チビェー
ты скажи мне.
トゥィー スカジー ムニェ
Хочешь? возьми коня любого,
ホーチェシ?ヴァミー カニャー リュボーヴァ
возьми любой шатёр,
ヴァミー リュボーイ シャチョール、
возьми булат заветный,
ヴァミー ブラート ザヴィェートヌィイ、
меч дедов!
ミェーチ ヂェーダフ!
Немало вражьей крови
ニマーラ ヴイェイ クローヴィ
мечом я этим пролил;
ミチョーム ヤー イェーチム プローリル;
не раз в боях кровавых
ニェ ラーズ ヴボーヤフ クラヴァーヴィ
ужас смерти сеял мой булат.
ウージャス シミェー シェーヤル モーイ ブラート.
Да, князь, всё здесь,
ダー、クニャーシ、フショー ジヂェーシ、
всё хану здесь подвластно;
ショー ハーヌ ジヂェーシ ドヴラー
я грозою для всех был давно.
ヤー グローザユ ドリェ フシェフ ブィール ダー
Я храбр, я смел,
ヤー フラーブル、ヤー シミェール、
страха я не знаю,
ストラーハ ヤー ニェ ズナーユ
все боятся меня,
シェー バヤーツァ ミニャー
всё трепещет кругом;
ショー トリピェーェト クルゴーム;
но ты меня не боялся,
ノー トゥィー ミニャー ニェ バヤーシャ
пощады не просил, князь.
シャードゥィ  プラシール、クニャーシ.
Ах, не врагом бы твоим,
アーフ、ニェ ヴラゴーム ブィー トヴァイーム、
а союзником верным,
 サユーニカム ヴィェーヌィム、
а другом надёжным,
 ドルーガム ナヂョーヌィム、
а братом твоим
 ブラータム トヴァイー
мне хотелося быть,
ニェ ハチェーラシャ ブィーチ、
ты поверь мне!
トゥィー パヴィェーリ ムニェ

Хочешь ты пленницу
ホーチェシ トゥィー プリェーニツ
с моря дальнего,
モーリャ ダーニェヴァ
Чагу, невольницу,
チャーグニヴォーニツ
из-за Каспия;
ザカスピーヤ
если хочешь,
イェー ホーチェシ、
скажи только слово мне,
カジー トー スローヴァ ムニェ.
я тебе подарю!
ヤー チビェー パダリュー.
У меня есть красавицы чудные,
ウミニャー イェーシチ クラーサヴィツィ チューヌィイェ
косы, как змеи, на плечи спускаются,
コースィカーク ズミェイーリェーチ スカーユツァ
очи чёрные влагой подёрнуты,
オーチ チョールヌィイェ ヴラゴーイ パヂョーヌトゥィ
нежно и страстно глядят
ニェー  ストラー グリヂャー
из-под тёмных бровей.
チョーヌィフ ブラヴィェーイ.
Что ж молчишь ты?
シトージ チーシ トゥィー
Если хочешь,
イェー ホーチェシ、
любую из них выбирай!
リュブーユ フ ヴゥィビラーイ!

Гей! Пленниц привести сюда!
ゲーイ!プリェーンニツ プリヴィェチー シュダー
Пусть они песнями и пляской потешат нас
プーシチ アニー ニャーミ イ プリャーイ パチェーシャト ナー
и думы мрачные рассеют.
 ドゥームィ ムラーヌィイェ シェーユト.


Князь Игорь

Спасибо, хан, на добром слове,
パシーバハーン、ナドーム スローヴィェ
я на тебя обиды здесь не знаю,
ヤー ナチビャー アビードゥィ ジヂェーシ ニェ ズナーユ
и рад бы сам вам тем же отплатить.
 ラード ブィー サーム ヴァーム チェム ジェ トプラチーチ.
А всё ж в неволе не житьё,
 フショージ ヴニヴォーリェ ニェ ヨー
ты плен когда-то сам изведал.
トゥィー プリェーン カグダー  サーム ヴィェーダル.


Кончак

Неволя! Неволя! Ну хочешь,
ニヴォーリャニヴォーリャヌー ホーチェシ、
отпущу тебя на родину, домой?
シュー チビャー ナローヂヌダモーイ?
Дай только слово мне, что на меня
ダーイ トー スローヴァ ムニェ、シトー ナミニャー
меча ты не поднимешь,
ミチャー トゥィー ニェ パドニーミェシ、
и мне дороги не заступишь.
 ムニェ ダローギ ニェ トゥーピシ.


Князь Игорь

Нет, не гоже князю лгать.
ニェート、ニェ ゴージェ クニャージュ ルガーチ.
Скажу тебе я прямо, без утайки:
カジュー チビェー ヤー プリャーマベズター
такого слова я не дам!
タコーヴァ スローヴァ ヤー ニェ ダーム!
Лишь только дай ты мне свободу,
リーシ トー ダーイ トゥィー ムニェ スヴァボードゥ
полки я снова соберу,
キー ヤー スノーヴァ サビルー
и на тебя ударю вновь,
 ナチビャー ウダーリュ ヴノーフィ、
тебе дорогу заступлю!
チビェー ダローグ トゥリュー
Испить шеломом Дона
ピーチ シローマム ドーナ
снова попытаюсь!
ノーヴァ パプィターユシ!


Кончак

Люблю!
リュリュー
Ты смел! И правды не бойшься.
トゥィー シミェール!  プラードゥィ ニェ バイーシャ
Я сам таков!
ヤー サーム タコーフ!
Эх! Когда б союзниками
エーフ!カグダープ サユーニカミ
мы с тобою были:
ムィー スタボーユ ブィーリ:
заполонили бы всю Русь!
ザパラニーリ ブィー フシュー ルーシ!
Как два барса, рыскали бы вместе,
カーク ドヴァー バールィーカリ ブィー ヴミェーチェ
кровью вражьей вместе упивались
ローヴィ ヴラーイェイ ヴミェーチェ ウピヴァーリ
и всё бы в страхе держали под пятой:
 フショー ブィー フストラーヒェ ジャーリ ピトーイ:
чуть что, так на кол иль голову долой!
チューチ シトーターク ナーカル イーリ ゴーラヴ ダローイ.
Так ли? Ха, ха, ха, ха!
ターク 
Да несговорчив ты! Садись!
ダー ニェガヴォーフ トゥィーサヂーシ!




日本語対訳(私訳)


コンチャーク

調子はどうだ、公よ?
何をふさぎこんでいるのだ、わが客人?
何をそんなに思い悩むのだ?
網が破れたのか?
それとも鷹の意気地がなくて
空の小鳥を狩らぬのか?
私のを使うがいい!


イーゴリ公

網は頑丈だし、
鷹もしっかりしている、
だが、高空を飛ぶ隼も捕われの身では生きてはいけぬ。


コンチャーク

まだこの地での己の身を捕虜だと考えているのだな?
だが実際、君は捕虜として過ごしているか?
そうではあるまい、わが客人としてだろう?
君はカヤーラ河のほとりでの合戦で傷つき
従士団とともに捕虜となった;
私が保証人となり君の身柄を預かり、
わがもとでは君は客人だ。
ここでは君にハーンと等しい敬意が払われ、
君への厚意として、わが物すべてが役立てられているのだ。
君の子息も、従士団も君と共におり、
君はここでハーンさながらに過ごし、
私と同じ暮らしを送っているのだ。
考えてみろ、捕虜がこんな暮らしをするか?
どうだ?

いいや、違う、違うぞ、友よ、違うぞ、公よ、
君はこの地ではわが捕虜などではなく、
私の大切な客人ではないか!
どうだ、友よ、私を信用しろ、
公よ、私は気に入ったのだ、
君の豪気、そして戦での豪胆ぶりが。
君を尊敬しているのだ、公よ、
君はいつでも私の贔屓だったのだ。
そうだ、私はここでは敵ではなく、
客をもてなす主であり、
君は大切な客人だ。
だから私に知らせてくれ、
何が不機嫌のもとなのか
私に言ってくれ。
望みとあらば、どれでも馬をとるがいい、
どれでも天幕をとるがいい、
秘蔵の剣、
父祖の刀もとるがいい!
敵の血をあまた
この刀で流したものだ:
一度ならず血みどろの戦で
死の恐怖を我が剣は広めたものだ。
そうだ、公よ、全てのものがここにあり、
ここにある全てのものがハーンのものだ;
久しく私は皆の恐怖の的だった。
私は勇猛にして大胆不敵、
恐怖というものを知らず、
皆の者が私を恐れ、
常にまわりでおののいている;
ただ君独りが私を恐れず、
慈悲を乞わなかったのだ、公よ。
ああ、君の敵ではなかったら、
信頼に足る盟友にして、
気のおけない親友、
あるいは君の兄弟になりたかった、
本当だとも!

海のかなたから連れて来た捕虜の女たち、
カスピ海のかなたから捕らえて来た奴隷の女たちはいかがかな?
所望とあらば
一言だけ言ってくれ、
君に進ぜよう!
私の許には絶世の美女が揃っているぞ:
蛇のような編んだ髪を肩に垂らし、
黒ずんだ眉の下から優しげに情熱的に
潤んだ黒い瞳がのぞいている。
何故黙っているのだ?
所望とあらば、誰でも選べ!

おい!捕虜の女どもをここに連れて来い!
歌と踊りでわれらを楽しませ、
鬱憤を晴らさせよ。


イーゴリ公

ハーンよ、厚意に満ちた言葉にいたみいる、
この地で君を恨みに思ったことはなく、
私自身、君に返礼したいところだ。
とは言え所詮、とらわれの身はまともな暮らしとは言えぬ。
君とてとらわれの身の上は、かつてその身をもって知ったろう。


コンチャーク

とらわれの身!とらわれの身!なるほど、望みとあらば、
故国へ帰してやるぞ?
私に剣を振り上げぬと、
私の行く手を塞がぬと、それだけ誓え。


イーゴリ公

いいや、公たる者、うそをつくわけにはいかぬ。
君にはつつみ隠さず、率直に言うが、
そのような誓いはせぬ!
自由の身になり次第、
私は再び兵を集め、
今一度君を攻め、
君の行く手を遮ろうぞ!
兜に汲んだドン河の水を
再び飲み干そうぞ!


コンチャーク

気に入った!
君は大胆で、真実を恐れない。
私もそうだ!
ええい!我ら二人盟友となっていたら、
ルーシ全土を征服したろうに!
二頭の豹さながらに、共に駆けめぐり、
敵の血に共に酔い痴れ、
そして全てを恐怖のうちにひれ伏せさせただろうに。
些細な事でも、串刺しか、打ち首だ!
どうだ?ハ、ハ、ハ、ハ!
全く頑固な奴だ!まあ座れ!



補足


「ハーン・コンチャーク」

ハーンはポーロヴェツ人の長、指導者の称号で、チンギス・ハーンのハーン、成吉汗(ジンギス・カン)の汗と同じです。
コンチャークはイーゴリと同時代のポーロヴェツ人の有力なハーンの一人で、1180年には、イーゴリ公らと同盟を結び、時のキエフ大公と争いました。




ロシア語のカタカナ表記について

ロシア語は日本語では使わない音がたくさんある言葉です。
正確にロシア語を日本語のカナで表現することはできませんが、なるべくロシア語に近い表記を試みてみました。
「こういう風に聴こえないこともない」程度の近さだと思ってください。
なお、ロシア語の単語の区切りと、ここで挙げたカタカナの区切りとは一致しません。
下線がついているカタカナは母音の部分で、基本的には、母音一つと音符一つが対応します。
下線がついていないカタカナは子音や二重母音の一部、半母音なので、聴く場合には、いっそのこと無視してしまっても構いません。
これから演奏会などでロシア語でこの歌を歌う皆さんには、一度、ロシア語の発音を習うことをお勧めします。


著作権について

このサイトでは、ボロディンの作詞による歌劇『イーゴリ公』の歌詞(ロシア語)の一部、 及び、『イーゴリ公』のソフトのジャケット類と関連する書籍の表紙の画像、 そしてビリービンによる『イーゴリ公』関連のイラストレーションの画像を掲載しています。
以上のロシア語歌詞、画像の掲載に何らかの著作権上の問題がありましたら、ただちに掲載を取りやめます。
また、掲載している『イーゴリ公』の日本語訳は管理人Vindobonaによるものです。(2006/03/15)


このサイトの内容の転載はお断りします。
ご意見、ご感想、リンク報告は管理人Vindobonaまでメールにてお寄せください。
歌劇『イーゴリ公』の世界
Copyright(C)2006-2017 Vindobona. All rights reserved.