輝く太陽にほまれあれ


プロローグより「プチーヴリの民衆の合唱」

歌劇『イーゴリ公』プロローグでプチーヴリの民衆によって歌われる、 出発するイーゴリ公たちをことほぐ歌です。
序曲にもメロディーが引用されていないので全曲盤以外ではなかなか聴く機会がありませんが、 魅力的で美しいメロディーです。
ここでは一つにまとめて紹介しますが、前半の「輝く太陽にほまれあれ!」はプロローグの最初に歌われ、 間に日蝕や、留守を守る者たちとの別離、2人のグドーク弾きの逃亡などをはさんで、 後半の「満天の星々にほまれあれ!」がプロローグの最後に歌われます。
『イーゴリ遠征物語』の言い回しが、部分的に歌詞に取り入れられてアクセントになっています。


歌劇『イーゴリ公』対訳歌詞


ロシア語歌詞


Народ

Солнцу красному слава! Слава!
ソー クラーナム スラーヴァ! スラーヴァ
Слава в небе у нас!
ラーヴァ ヴニェービェ ウナース!
Князю Игорю слава, слава,
ニャージュ イーガリュ スラーヴァ、 スラーヴァ
слава у нас на Руси!
ラーヴァ ウナース ナルーシ
Туру ли ярому, князю Трубчевскому,
トゥール  ヤーラム、 クニャージュ トルーチェーフスカム
Буйтуру Всеволоду Святославичу
トゥール フシェーヴァラドゥ スヴャタラーヴィチュ
слава, слава, князю слава, слава!
ラーヴァ、 スラーヴァ、 クニャージュ スラーヴァ、 スラーヴァ
Млад Володимиру да на Путивле,
ラード ヴァラヂーミル  ナプチーリェ
млад Святославу да князю на Рыльске,
ラート スヴャタラーヴ  クニャージュ ナルィーリスキェ
слава, слава князю, слава,
ラーヴァ、 スラーヴァ クニャージュ、 スラーヴァ
слава на Руси!
ラーヴァ ナルーシ
С Дона великого до Лукоморья
ドーナ ヴィリーカヴァ ダルカモーイェ
слава звенит по степям половецким.
ラーヴァ ズヴィニート チェーピャム パラヴェーム.
В землях незнаемых славу поют вам.
ジェーリャフ  ズナーイェムィフ スラーヴ パユート ヴァーム.
Слава! Слава! Славным князьям нашим!
ラーヴァ! スラーヴァ! スラーヌィム クニャーム ナーシム!
Слава! Слава! Храбрым дружинам их!
ラーヴァ! スラーヴァ! フラールィム ドルジーナミフ!
И на Дунай реке славу поют вам,
イー ナドゥナーイ リキェー スラーヴ パユート ヴァーム、
славу поют вам да красные девицы;
ラーヴ パユート ヴァーム  クラーヌィイェ ヂェーヴィツィ
льётся их голос от моря до Киева.
ヨーツァ フ ゴーラサットモーリャ ダキーイェヴァ
Слава! Слава! Славным князьям нашим!
ラーヴァ! スラーヴァ! スラーヌィム クニャーム ナーシム!
Слава! Слава! Храбрым дружинам их слава!
ラーヴァ! スラーヴァ! フラールィム ドルジーナミフ スラーヴァ
Всем князьям нашим слава, слава! Слава!
シェム クニャーム ナーシム スラーヴァ、 スラーヴァ! スラーヴァ
Рати храброй их слава, слава, слава!
ラーチ フラーライフ スラーヴァ、 スラーヴァ、 スラーヴァ
Слава! Слава!
ラーヴァ! スラーヴァ

*     *     *


Народ

Частым звёздочком
チャートゥィム ズヴョー
слава, слава,
ラーヴァ、 スラーヴァ
слава в небе високом,
ラーヴァ  ヴニェービェ ヴィソーカム、
князьям нашим
ニャーム ナーシ
слава, слава,
ラーヴァ、 スラーヴァ
слава у нас на Руси!
ラーヴァ ウナース ナルーシ
Наперво большим,
ナピェーヴァ ボーム、
а по ним меньшим,
 パニム ミェーム、
всем князьям у нас,
シェム クニャーヤムナース、
всем слава, слава, слава,
シェム スラーヴァ、 スラーヴァ、 スラーヴァ
всем им слава, слава
シェミム スラーヴァ、 スラーヴァ
всем на Руси!
シェム ナルーシ
Буйтур Всеволоду свет Святославичу,
トゥール フシェーヴァラドゥ スヴェト スヴャタラーヴィチュ
млад соколику князю Владимиру,
ラート サコーリク  クニャージュ ヴラヂーミル
храброй рати их слава!
ラーイ ラーチ フ スラーヴァ
Храброй рати их слава!
ラーイ ラーチ フ スラーヴァ
Рати храброй их слава!
ラーチ フラーイ フ スラーヴァ
Здрави князи, здрави,
ズドラーヴィ クニャージ、 ズドラーヴィ.
слава князем слава,
ラーヴァ クニャージェム スラーヴァ
слава храброй рати их,
ラーヴァ フラーイ ラーチ フ、
слава!
ラーヴァ




日本語対訳(私訳)


民衆

輝く太陽にほまれあれ!ほまれあれ!
われらが空の太陽にほまれあれ!
われらがルーシのイーゴリ公にほまれあれ、
ほまれあれ、ほまれあれ!
勇猛なる野牛の如きトループチェフスクの公、
スヴャトスラーフ様の御子、荒れ牛のフセーヴォロト様に
ほまれあれ、ほまれあれ、公にほまれあれ、ほまれあれ!
プチーヴリの若きヴラヂーミル様に
ルィーリスクの公、若きスヴャトスラーフ様に
ほまれあれ、公にほまれあれ、ほまれあれ!
ルーシにほまれあれ!
大いなるドンから入り江まで
ほまれはポーロヴェツの野に沿って鳴り響く。
見知らぬ土地でもあなたがた諸公のほまれを讃えている。
ほまれあれ!ほまれあれ!われらの栄えある諸公に!
ほまれあれ!ほまれあれ!諸公の勇敢なる従士団に!
そしてドナウ河の地方でもあなたがたのほまれを讃えている。
あなたがたのほまれを麗しい乙女らが讃えている。
乙女らの歌声が海辺からキエフまで流れている。
ほまれあれ!ほまれあれ!われらの栄えある諸公に!
ほまれあれ!ほまれあれ!諸公の勇敢なる従士団に!
われらの公一人残らずにほまれあれ、ほまれあれ!ほまれあれ!
諸公の勇敢なる兵士にほまれあれ、ほまれあれ、ほまれあれ!
ほまれあれ!ほまれあれ!

*     *     *


民衆

満天の星々に
ほまれあれ、ほまれあれ
高き空の星々にほまれあれ、
われらの諸公に
ほまれあれ、ほまれあれ、
われらがルーシにほまれあれ!
始めに位高き方々に、
そして続く方々に
われらの公一人残らずに
ほまれあれ、ほまれあれ、ほまれあれ、
あらゆる公にほまれあれ、ほまれあれ、
ルーシのあらゆる公に!
スヴャトスラーフ様の御子、荒れ牛のフセーヴォロト様に、
若き隼ヴラヂーミル公に
諸公の勇敢なる兵士にほまれあれ!
諸公の勇敢なる兵士にほまれあれ!
勇敢なる諸公の兵士にほまれあれ!
御武運を、公のかたがた、御武運を。
ほまれあれ、諸公にほまれあれ、
諸公の勇敢なる兵士にほまれあれ!
ほまれあれ!



補足


「われらがルーシのイーゴリ公にほまれあれ!」

「ルーシ」はロシヤの古名(ロシヤという呼称が一般的になるのは15世紀末以降)です。
日本のことを「日の本」というニュアンスに似ているかも知れません。
「イーゴリ公」は、本編の主人公で、南ロシア(現在のウクライナ)の小都市、ノーヴゴロト・セーヴェルスキイの領主。
「ほまれあれ」木村訳『イーゴリ遠征物語』の表現を使わせていただきました。「万歳」とも「栄光あれ」とも訳すことができます。


「スヴャトスラーフの御子、荒れ牛のフセーヴォロト様」

「フセーヴォロト」はイーゴリ公の実弟で、クルスク、トループチェフスクという二つの小都市の領主でした。
「スヴャトスラーフ」は、イーゴリ、フセーヴォロトの亡父です。


「プチーヴリの若きヴラヂーミル様」

イーゴリ公の長子で、歌劇のロシア側の舞台となる小都市プチーヴリの領主。


「ルィーリスクの公、若きスヴャトスラーフ様」

このスヴャトスラーフはイーゴリ公とフセーヴォロト公の亡兄オレークの息子。
小都市ルィーリスクの領主でした。


「ポーロヴェツの野に沿って」

「ポーロヴェツの野、ポーロヴェツの地」はドニェープル河とヴォルガ河の間のステップ地帯を指し、 実際はドニェープル河の支流スーラ河が、西のルーシと東のポーロヴェツの境となりました。



ロシア語のカタカナ表記について

ロシア語は日本語では使わない音がたくさんある言葉です。
正確にロシア語を日本語のカナで表現することはできませんが、なるべくロシア語に近い表記を試みてみました。
「こういう風に聴こえないこともない」程度の近さだと思ってください。
なお、ロシア語の単語の区切りと、ここで挙げたカタカナの区切りとは一致しません。
下線がついているカタカナは母音の部分で、基本的には、母音一つと音符一つが対応します。
下線がついていないカタカナは子音や二重母音の一部、半母音なので、聴く場合には、いっそのこと無視してしまっても構いません。
これから演奏会などでロシア語でこの歌を歌う皆さんには、一度、ロシア語の発音を習うことをお勧めします。


著作権について

このサイトでは、ボロディンの作詞による歌劇『イーゴリ公』の歌詞(ロシア語)の一部、 及び、『イーゴリ公』のソフトのジャケット類と関連する書籍の表紙の画像、 そしてビリービンによる『イーゴリ公』関連のイラストレーションの画像を掲載しています。
以上のロシア語歌詞、画像の掲載に何らかの著作権上の問題がありましたら、ただちに掲載を取りやめます。
また、掲載している『イーゴリ公』の日本語訳は管理人Vindobonaによるものです。(2006/03/15)


このサイトの内容の転載はお断りします。
ご意見、ご感想、リンク報告は管理人Vindobonaまでメールにてお寄せください。
歌劇『イーゴリ公』の世界
Copyright(C)2006-2017 Vindobona. All rights reserved.